WORKS 制作実績

あかがわ建築設計室・ロゴ・縦組み

Branding / Graphic

あかがわ建築設計室

LOGO DESIGN, GRAPHIC DESIGN

新潟市の建築事務所、あかがわ建築設計室のロゴマークと屋外看板の制作を担当しました。

あかがわ建築設計室は、赤川仁一さんと赤川聖子さんがご夫婦で経営する事務所。仁一さんが設計、聖子さんが施工を担当することで、暮らしに関わるすべてをデザインできることを強みにしていました。実際に施工された住居を見せていただくと、施主さんの暮らしと周囲の環境を深く考え、暮らしの導線から細部の設計まで、こだわりぬいてデザインされていました。当初は看板制作のみのご依頼で、事務所で制作したロゴもありましたが、ここまでオリジナル性の高い住まいづくりをされる事務所さんには、しっかり作り込んだロゴが必要であると考え、ロゴマークのリニューアルを提案。看板制作と合わせて、ロゴマークの制作も担当させていただきました。

元々のロゴマークもランプを模した図形がシンボルでした。「施工が終わって照明の明かりをつけた瞬間、家に命が宿る気がする」という理由から、ランプをシンボルマークに採用したとのこと。そのお話が印象的だったため、ロゴマーク案の1つとしてランプをシンボルマークにしたデザイン案を制作。同業社の多くが建築物のフォルムをシンボルマークに採用する中で、ランプのシンボルマークは異例でしたが、あかがわ建築設計室さんの「建築」よりも「暮らし」にフォーカスした住まいづくりには、ぴったりのモチーフに思えました。

ロゴマークのデザインでは、最小限のモノラインでランプのフォルムを表現。シンプルで繊細な印象のロゴマークにするために、フォルムの細部から線の細さ、書体のセレクトまで、あかがわ建築設計室さんと検討を重ねて制作しました。シンボルマークのランプの紐は、掲載媒体の上端にまで伸ばして配置することで、ランプが実際にぶらさがっているのような効果を演出できるように設計しています。

屋外看板のデザインでは、繊細な印象になるように大きさを抑えた自立看板を制作。地の色は事務所の壁に合わせた白、ロゴの色は事務所の打ち合わせスペースにある真鍮製のランプに合わせた金を採用。ぱっと見の判読性はあえて捨て、品のあるたたずまいを優先して制作しました。有限会社バーニッシュさんには、看板の企画から施工までご協力いただきました。

サイン計画・企画・施工:有限会社バーニッシュ

VISIT WEB SITE →

あかがわ建築設計室・ロゴ・横組みあかがわ建築設計室・屋外看板